毎月の支払いあなたはどうしていますか?
少しでも節約して計画的に貯金を増やしましょう



蓄額って給料の何%が理想?


毎月のお給料は、頑張って働いた自分へのご褒美と言えるものです。

自分自身をねぎらうために、給料日には飲み会に参加したり、
前から欲しかった商品を購入する、という人は多いでしょう。

しかし、将来のことを考えれば、お給料を全て使ってしまうのではなく、
ある程度は貯蓄をしておきたいものです。

では、世間一般には、どれくらいの貯蓄額があるのでしょうか。
一般的には、給料総額の二割から三割の貯蓄額があれば
理想的だと言われています。

例えば、親と同居している方ならば、
これくらいの貯蓄額はたやすく達成できるのではないでしょうか。
実家に住んでいれば、家賃や光熱費の支払いがいらないので、
両親に毎月一定額を渡したとしても、
手取り収入の三割程度は貯蓄に回すことが可能でしょう。

しかし、一人暮らしの人や、結婚して世帯を構えている人は、
生活費の割合が高くなるために、貯蓄に回すお金は少なくなりがちです。
その場合でも、手取り収入の一割を貯蓄に回すことを目標にするといいでしょう。




TOP 光熱費って
1人あたり毎月
いくらが理想?
貯蓄額って給料の何%が理想? 自分の車と
年収の割合って
どれくらいが適切?
家計簿を
毎月つける
メリットは?


Copyright(c) 毎月の支払いを軽くしてお金を貯めよう!